水場にiPhoneを持ち込むのは危険!?水没原因に多いトイレ・お風呂に注意

iPhoneを水場に持ち込むのは辞めましょう!特にトイレやお風呂場での使用にはご注意! - 水場にiPhoneを持ち込むのは危険!?水没原因に多いトイレ・お風呂に注意

更新情報

アーカイブ

iPhone修理

水場にiPhoneを持ち込むのは危険!?水没原因に多いトイレ・お風呂に注意

ytjytd
水場にiPhoneを持っていけばiPhone水没の可能性は大きいですね。
特によくあるのがトイレやお風呂場での水没です。

肌身離さずもいいですが

いつでもiPhoneと一緒という人も多いでしょう。しかし日常生活の中ではiPhone水没の危険が潜んでいます。自分は大丈夫と思っていてもうっかり水没させてしまうことはよくあることなのです。水没させてしまうかもしれない場所、それはあちこちにひそんでいますので注意しましょう。特に主婦の場合には台所にも立ちますし台所で水に濡らすこともあります。トイレにうっかり落とすこともあります。ラーメンを食べながらアイフォンを操作していたらうっかり手を話してしまって水没させてしまったということも無きにしもあらずです。水の中に濡らした覚えは一切ないのですが、夏の暑い日にポケットに入れていると知らないあいだに汗で水没ということもあるようです。洗濯機にズボンのポケットに入れたまままわしてしまった、ベッドのシーツの上に置いておいてシーツの洗濯といっしょに回してしまったケースもあるようです。

水没はなぜいけないのか

iPhone水没はなぜいけないのか、これは当然のことながらほかの故障とは違って修理する可能性が低いのです。画面が破損した程度ならいいのですが、水没というのは全体がダメになってしまいます。水没してしまうとなぜ壊れるか、それは、内部の中にはいった水が周囲の空気に触れることで錆びるのです。異常がなければ電気が通ることがない場所に、水が入ったことで電気がとおりショートすることもあるのです。

水没したら諦めるしかないのか

水没してしまったら諦めるしか他に方法はないのかといえば、そうではありません。iPhoneの中のサビ、ショートを予防すれば修理して復活させることは可能です。ショートをさせないこと、それは電源をまず切ることが重要です。水没後、壊れていないかどうか確かめるために、大半の人が電源を入れてしまうのですがこれがいけないのです。ショートしてしまい、電源を入れなければ壊れなかったところを電源を入れたせいで壊れたということはよくあることです。ショートしないためにも電源は入れないようにします。

錆びないために

ukykyf
次に重要なことは錆びないことです。錆びないようにするためには内部の水分を早く出す必要があるでしょう。水没させたらすぐにでもお店に持ち込むのが賢いでしょう。実は水没させればすぐにでも腐食が始まりますし、ショートの可能性もありますので、すぐにでももちろんだほうがいいのです。

すぐに持ち込むことができない場合は

すぐに店舗に持ち込むことができればいいですが、すぐに持ち込むことができない事情にある人もいるでしょう。その場合には応急処置としてお菓子の中に入っているシリカゲルなどをiPhoneと一緒にタッパー、ジップロックの中に入れておきます。これで乾燥を早めます。その際慌てて水から取り出して振ったりしないようにしましょう。振ると内部に水が広まります。そして電源がまだ入っている時はすぐに電源を落としましょう。その上ですぐにでも拭き取ってシリカゲルの中に入れておきましょう。そして早めに修理に出すことが重要です。

その時大丈夫でも

よくある話が乾燥させたら電源も入ったし普通に使えたのでそのまま使っていたら3日後に突然電源が入らなくなったというケースです。このケースは一番修理できる可能性が低くなりますので注意しましょう。
電源が入ったからといって安心せずに、早めにバックアップを取るなどして対処させましょう。

Copyright(C)2016 水場にiPhoneを持ち込むのは危険!?水没原因に多いトイレ・お風呂に注意 All Rights Reserved.